モノコトソコ

毎日を楽しむための備忘録

特別カラーも登場した【fitbit charge 2】半年使ってみたインプレッション

特別カラーも登場した【fitbit charge 2】半年使ってみたインプレッション

ウエアラブルのガジェットが何かと話題ですが、その代表格がフィットネストラッカー。
これまでJawboneの「UP3」を、その前はfitbitの「charge」を使っていました。

目的は、歩数計でカウントすることでの運動不足解消に向けた意識づけ、睡眠時間を記録して質を試しかめること。

「UP3」は仕事関係でいただいたものなので選んだわけでもありませんが、液晶画面がないので時計をする必要があり、逆に時計をつけることができるのが気に入ってました。

腕に巻いていた時計は、「PHYS LAP MEMORY 120 スマートフォンリンクモデル STB-1000-1JF」。
通話やメール、SNSの通知もアラームやバイブで知らせてくれる時計でした。
しかし、「UP3」のベルトの強度が弱いのか、使い方が悪いのか、1年で留め金部が裂けてしまい、あえなくゴミ箱に。

「charge」は、「UP3」入手後に人に譲ってしまったので、さてどうする?
そこで、1日のアクティビティや睡眠の記録、着信/テキスト通知/カレンダーアラートなど、これまで腕に巻いていた2つのアイテムを1つで済ませてくれる【fitbit charge 2】を選びました。

【fitbit charge 2】の商品・機能・そのほかの詳細は、こちらの公式サイトをご覧ください。

ベルトの色は、ライムを選択。
デスクで仕事を1時間程度していると「そろそろ000歩歩きましょう」と運動を促してくれたり、「おめでとう!1万歩達成!」と小さな液晶画面に花火が打ち上がったり、自分の1日のアクティビティに寄り添って、メッセージを発信してくれるのが気に入ってます。

もちろん、スマホアプリと連携しているので記録を確認したり、更新したりすることもできます。

では、何か変化が起きたか?

正直、「少し歩こうかな」という意識が芽生えたぐらいで、大きな変化はありません。
目標やゴールを設定しているわけではないので、日常にちょっとした変化を与えてくれれば十分です。

さて、【fitbit charge 2】は、ベルトを交換することができますが、
これまでのクラシックシリーズ、レザーベルトに加えて、つい先日、プレミアムメッキ処理を施した、ブラック/ガンメタル ラベンダー/ローズゴールドの2色が登場。

ほかにも、Amazonで検索すると多彩な【fitbit charge 2】のベルトが見つかるので、ファッションと一緒に着替える感覚で楽しめそうです。

新生活を迎えるこの時期、おすすめのアイテムだと思います。

Fitbit Charge 2 バンド,Wearlizer Fitbit Charge2 ベルト ストラップ 本革レザー ブラック
Fitbit Charge 2 バンド,Wearlizer Fitbit Charge2 ベルト ストラップ 本革レザー レッド
Fitbit Charge 2 バンドPinhen Fitbit Charge2ステンレス鋼バンド 用時計バンドスマートウォッチ交換ベルト ミラネーゼループバンド腕時計ベルト対応Fitbit Charge 2 (Mesh Black)

Facebookでコメント

Sponsored
Return Top