モノコトソコ

毎日を楽しむための備忘録

iPad Proとsurfaceを比較することが無意味だと思う理由

image

iPad Proが発売されて以降、メディアや個人サイトを含めて、vs surfaceという構図の記事を多く見ることになった。

現在はそれほどでもなく落ち着いたので、いまさらかもしれないが、個人的には当初からこうした現象に「何を言っているのだろうか?」と思っていた。

理由はとてもシンプルなこと。
タブレット(iOS)とパソコン(Windows)は別カテゴリーの製品だからだ。

もし、surfaceにAndroidが搭載されていれば話は違うが、別のカテゴリーを比較するのであれば、異種格闘技戦のように面白がらないと意味がない。

特に「仕事でiPad Proは使えるか」を基準に比較しても、iPad Proは仕事用に開発されたものではなく、多種多様なアプリからユーザーが選んで実行するためのプラットフォームで、ゲーム機であり、本であり、お絵描き道具であり、ネットツールであり、仕事用でもあるのだ。
Windowsのタブレットがどれほどシェアがあるのかを考えて欲しい。

もうひとつ気になったのが、surfaceのCMだ。
iPad Proかと勘違いするような展開で最後に種明かし。iPad ProのようなこともできるWindowsなんだよということなんだろうけど、意識しすぎているのがよくわかる。マイクロソフトはiPadProの潜在購入者を取り込みたいんだろうけど、そもそも違う製品なので難しいのではないか。

なんでも面白がるのは悪いことではないものの、本質を無視してとにかく盛り上がればいいみたいなやり方はどうなのだろうか?


Return Top