モノコトソコ

毎日を楽しむための備忘録

下取りが最大38,640円還元! auのiPhoneかえトクキャンペーンを考えてみた

最大38,640円還元! auのiPhoneかえトクキャンペーンを考えてみた

16日にiPhone 7・iPhone 7 Plusが発売され、人気カラーのジェットブラックは品切れ続出。
さまざまなサイトでインプレッションが報告され、1年ぶりにiPhone周辺が活況を呈しています。

そこで、自分もauのiPhone 6sから機種変更で乗り換えるかどうか、シミュレーションしてみました。

現状の契約内容



通話をたまにする程度で、データ通信は主に勤務先や自宅で利用するので、データ容量は少なめに。
下記の契約内容で、毎月1万円程度の出費となっているのが現状です。

【契約端末】
iPhone 6s/64GB/分割支払金残額 4万0885円(3145円×13回分)

【契約プラン】
スーパーカケホ 1700円(誰でも割適用)
LTE NET 300円
データ定3 4200円
アップグレードプログラム 300円
ユニバーサル料金 3円

【請求総額割引】
毎月割 2435円
auスマートバリュー 934円

auのアップグレードプログラムを利用すると



このプログラムは、契約期間の2年待たずに機種変更ができるお得なサービス(300円/月)。
プログラムに加入して12カ月以上の利用で機種変更すると、旧機種代金の分割支払金残額の一部、最大7カ月分が実質無料
13カ月目~18カ月目は機種変更時に前倒し利用料2,000円のお支払いが必要。
そのほか、細かい規約で前倒し利用料が無料になる場合があります。

自分の場合は、現時点で11カ月目なので、このプログラムを利用できません。
先日auから届いたメールによれば、2017年3月で加入17カ月目となり、この時点でプログラムを活用すると分割支払金残額の2万2015円が実質無料でiPhone 7・iPhone 7 Plusに機種変更ができます。
その間の分割支払金は7カ月分になるので、2万2015円の支払が必要です。

また、13カ月目となる今年11月に、前倒し利用料2000円を支払うことで、iPhone 7・iPhone 7 Plusに機種変更ができます。
但し、分割支払金残額が実質無料になるのは、最大7カ月分なので、数ヶ月早くiPhone 7・iPhone 7 Plusに機種変更できたとしても支払う金額に変わりはありません。

iPhoneかえトクキャンペーンを活用すると



最大38,640円還元! auのiPhoneかえトクキャンペーンを考えてみた

このキャンペーンは、2016年9月12日(月)~2016年11月30日(水)の期間内に、iPhone 7 / iPhone 7 Plus / iPhone 6s (16GBは対象外)/ iPhone 6s Plusに機種変更すると、合計最大3万8640円還元されつというもの。

下取り価格は上記画像にある通りで、iPhone 6sの場合は、3万2400円。さらに、au WALLETプリペイドカードに3000円のキャッシュバック (チャージ)されるので、合計3万5400円還元されることになります。

但し、下取金額は現金で還元されるのではなく、機種変更した契約金額から毎月差し引かれることになります。
iPhone 6sの場合は、毎月1350円が24回分差し引かれます。

このキャンペーンを活用した場合の収支金額は、
・キャンペーン還元額 3万5400円
・旧機種iPhone 6sの分割支払金残額13回分 4万0885円

となるので、いますぐ機種変更すると、5485円の負担だけでiPhone 7・iPhone 7 Plusが手に入ります。

アップグレードプログラムを利用すると、2017年3月で機種変更となり、それまでに分割支払金残額の2万2015円が必要。
逆に言えば、本来支払うべき7カ月分の分割支払金残額 2万2015円が実施に無料になる。

でも、iPhoneかえトクキャンペーンを活用すれば、実質5485円の負担だけで予約→iPhone 7・iPhone 7 Plusがすぐに使える。

もちろん、機種変更後のiPhone 7・iPhone 7 Plusの分割支払金は発生しますけどね。
う〜む、キャンペーンを活用しない手はないかもしれません。

ちなみに、iPhoneかえトクキャンペーンとアップグレードプログラムの併用は、できないことはありませんが、iPhoneかえトクキャンペーンの特典が、au WALLETプリペイドカードに3000円のキャッシュバック (チャージ)のみとなります。

iPhone 7 Plusに機種変更すると月額支払額は?



au公式サイトの料金シミュレーターで毎月の支払総額を確認してみました。

契約方法:機種変更
機種:iPhone 7 Plus
容量:128GB

この時点で、機種代金は4,365円(税込)×24回。分割支払金総額: 104,760円(税込)。

しかし、ここでiPhoneかえトクキャンペーンの下取金額の分割割引 -1350円(税込)×24回、割引額合計:-3万2,400円(税込)が適用。
さらに、毎月割-2445円(税込)×24ヶ月もあるので、機種実質負担金はなんと!
570円(税込)/月×24ヶ月

料金プラン:スーパーカケホ(電話カケ放題プランS)  1700円/月(誰でも割契約あり)
データ定額:データ定額3(3GB) 4200円/月
LTE NET:300円/月
割引:auスマートバリュー (データ定額3) -934 円/月

毎月の利用料金は。5687円(税込)/月

オプション:テザリングオプション(データ定額1/2/3/5) 0円/月
アップグレードプログラム:300円/月

で、オプションサービスは、324円(税込)/月


ということで、機種代金を含めた毎月の支払総額は、6581円(税込)/月

ここに、iPhone 6sの分割支払金残額 4万0885円(3145円×13回分)が加算されるので、
毎月の実質支払総額は、9726円となります。


ちなみに、Apple StoreでもiPhoneの下取りを行っています



これは、Apple StoreでiPhoneまたは他社製スマートフォンを下取りに出すと、新しいiPhoneの購入価格から下取り額分がその場で割引されるサービスです。

対象機種は、iPhone 5以降と、対象となる他社製スマートフォンで、
下取金額は条件を満たしている場合、iPhone 6sが最大29,500円、iPhone 6s Plusが最大33,000円、iPhone SEが最大18,000円などとなっています。

ちなみに、Apple StoreでのiPhone 7 Plus/128GBの販売価格は、10万4544円(税込)。
auと比較するために24回分割にすると、月額4356円(税込)。
これに、人気格安SIM「フリーテル」を利用する場合は、

通話とネットこみこみ基本料 999円(税別)。
通話+SMS+データ通信(〜3GB)プランが、月額1600円(税別)。
5分間かけ放題のオプションが、月額840円(税別)。
おまけですが、iPhone専用SIMカードなら、Apple Storeダウンロード時のパケット料金が無料。

合わせると月額8000円(税込)程度


とはいえ、auの解約手数料1万0260円と乗り換え(MNP)予約番号取得料金3240円、フリーテルの初期手数料3240円(税込)の合計1万6740円。
24回分割にすると月額697円になるので、

もろもろ合わせて、月額支出は約8700円

auのキャンペーンを使った場合と比べて、月額約1000円しか変わりません。
AppleMusicの年間利用料は最安9800円。
この差額、年間1万2000円をどう見るかは、その人次第ですね。

Return Top