MacBookProのiTunesの保存先を、外付けHDDに変更してみました

2019年1月26日

MacBookProのストレージ軽量化計画の第2弾。

音楽ファイルや動画ファイルを格納しているiTunesのデータ保存先を、外付けHDDに変更することにしました。
iTunesは、音楽や動画を何も考えないで保存していくと、どんどん肥大化してMacのストレージを圧迫するので、おすすめです。

step
1
「ユーザ→ユーザ名→ミュージック」の順で進みます。


iTunes」フォルダを外付けHDDの指定の場所にコピーします。

step
2
Optionキーを押しながら、iTunesアプリを起動します。

すると〜

step
3
上の画面が開くので、「ライブラリを選択」をクリック。


外付けHDDにコピーしてあるiTunesフォルダを選択して、「開く」をクリックすれば、これで作業は完了です。

-Tips
-, ,

© 2021 モノコトソコ