モノコトソコ

毎日を楽しむための備忘録

iPad ProとApple Wireless Keyboard の相性はいいですよ

iPad ProとApple Wireless Keyboard の相性はいいですよ


iPad Proと同時に発売されたApple純正の「Smart Keyboard」やLogicoolの「CREATE Backlit Keyboard Case」は、本体と一体型なので、持ち運びに便利だし、充電を気にすることもないので、とても便利なんだろうなと思っています。

でも、ディスプレイを保護するケースにもなるとはいえキーボードに2万円前後も出すのはちょっとなぁと感じていたので、使っていない「Apple Wireless Keyboard 」を活用しています。
実は、以前のiPadのころから使っていますが、意外というのも何ですが、使い勝手がよいのです。


キーボードと折り畳み式のケースでiPad Proの作業がサクサク



cover_open

▲「Apple Wireless Keyboard 」だけでは、iPad Proを立てることもできないので、現在はメーカーでの販売が終了している「Origami Workstation for Apple Wireless Keyboard」とのセットで使っています。

cover_set

▲ケースカバーの表地を折りたたんでiPad Proを立てかけるスタンドにします。

iPad_keyboard

▲持ち歩くときは、こんな感じです。スマートさに欠ける感じもしますが、アップル純正のJISキーボードなので、iOS独特のショートカットを覚える必要がありますが、タイピングに関してはまったく問題ありません。
現在はiPad Pro用を保護するためにケースを別途購入しています。

Bluetoothの接続は1度セットしておけば以降もすぐにつながります。
入力の際にソフトウェアキーボードが表示される場合もありますが、イジェクトボタンを押せば非表示になるので煩わしさはありません。

バッテリーは電池式なので交換が必要ですが、「Magic Keyboard」ではないので仕方のないこと。
頻繁に交換が必要ではないので気になることはありません。

多少気になるのは、持ち運ぶ際の重さぐらい。ぐらいといっても気にならないと言ったらウソになるかもしれません。
とはいえ、毎日持ち歩いているわけではないので、よっぽどのキーボード・ケースが登場しない限りは現状維持でいこうと考えています。


中古品が出回っているようなので参考まで。



ロジクール製はこちら

Return Top