モノコトソコ

毎日を楽しむための備忘録

α6000のズームレンズにプラス。2本目のレンズは何を買うべきなのか?

α6000に単焦点レンズをプラス。何を買うべきなのか?


ソニーのカメラ『α6000』を購入してもうすぐ1年。
コンパクトなので、吉田カバンの『PORTER / TANKER SHOULDER BAG(L)』に入れて持ち歩いています。

使用しているレンズは、ボディーと一緒に購入した純正の『SEL1855』、E18-55mm F3.5-5.6です。

使いこなしているとまではいかないものの、気になったシーンやちょっとした集まりなどで使っています。

そして現在、ポートレートやテーブルスナップで背景をぼかした写真を撮りたいなと思って、どれを選ぶべきか思案中です。


単焦点レンズの購入候補としてリストアップしているのは…



ソニーの公式サイトで、Eマウント単焦点レンズを確認すると、E16mm F2.8/E 20mm F2.8/FE 28mm F2/E 35mm F1.8 OSS/E 50mm F1.8 OSSなどがあり、Sonnar Tモデルが優れていることは理解しているものの、自分のスキルと懐具合から判断して今回は除外。

では、上記の5つの単焦点レンズの違いはどこにあるのか?
そこで、改めてソニーの公式サイトを確認。
*特長とスペックは、ソニー公式サイトからの引用です。

【SEL16F28】

・風景や建築物、スナップなど幅広いシーンで活躍
・35mm判換算焦点距離:30mm
・薄さ22.5mm、重さ約67g

【SEL20F28】

・風景から屋内撮影、日常のスナップなど幅広いシーンで活躍
・35mm判換算焦点距離:30mm
・全長20.4mm、重さ69g


【SEL28F20】

・美しいぼけ味と周辺までシャープな描写を両立
・開放F値2.0と明るく、室内でも手持ち撮影が可能
・35mmフルサイズ対応の広角単焦点レンズ
・全長60mm、約200g


【SEL35F18】

・風景撮影やスナップ、ぼけを生かしたポートレートまで幅広いシーンで活躍
・光学式手ブレ補正機能
・35mm判換算焦点距離:52.5mm
・全長45mm、約154g
・全長62mm、約202g


【SEL50F18】

・ポートレートに適した75mm相当の中望遠レンズ
・開放F値1.8の明るさと新光学系による美しいぼけ味を生かした撮影が可能
・光学式手ブレ補正機能
・35mm判換算焦点距離:75mm
・全長62mm、約202g


SEL35F18とSEL50F18のどちらにするべきなのか?



比べると入っても素人にはよくわからない(わかろうとしていないかも)ので、Google検索で下記のサイトを参考にしてみました。

http://goo.gl/rA2A5x

さとうち

ソニーショップ店員による体験レビューが盛りだくさん!



SEL35F18の実写レビューで気になったポイント




・35ミリ換算で52.5mm相当。50mm程度が「目で見た印象に近い。」
・SEL50F18と比べても背が低くコンパクト。カバンに入れてもかさばらない。
・暗いシーンでもブレを抑える
・背景のボケを演出



SEL50F18の実写レビューで気になったポイント




・ポートレートからスナップまで「抜き」で撮るには丁度良い焦点距離が魅力。
・開放F値が1.8と明るく、ボケ味もキレイなので、ポートレート向きのレンズ。
・暗い場所での撮影にも便利な手ブレ補正機能を搭載。



さて、どうする? やっぱり家電量販店で実写してみないと決められません。
Return Top