モノコトソコ

毎日を楽しむための備忘録

DigiPressテーマ『MAGJAM』のメインコンテンツエリア下部にレクタングル広告を2つ並べてみた

DigiPressテーマ『MAGJAM』のメインコンテンツエリア下部にレクタングル広告を2つ並べてみた

WordPressのブログやサイトなどで「レクタングル広告を横に2つ並べる」設定は多くの方がやっていることかと思います。

DigiPressテーマ『MAGJAM』でサイトをリニューアルして改めて行いましたので手順を備忘録としてまとめておきます。
ソースコードはWordPressのテーマに関係なく利用できると思うので、まだ実装されていない方は参考にしてください。


DigiPressテーマ『MAGJAM』のどこにレクタングル広告を並べるか



DigiPressテーマ『MAGJAM』のメインコンテンツエリア下部にレクタングル広告を2つ並べてみた

DigiPressテーマ『MAGJAM』のウィジェットエリアは、サイドバーを含めて19カ所(PCテーマ:14、モバイルテーマ:5)あります。
レクタングル広告を2つ並べるとしたら、メインコンテンツエリアの上部/下部になります。

さらに、DigiPressテーマ『MAGJAM』の場合は、記事ページのタイトル直下と記事の最後にウィジェットを設定することができ、モバイル専用のウィジェットもあるのでとても便利です。

レクタングル広告をどの位置に設定するかは、いろいろ考えがあると思いますが、ここでは、メインコンテンツエリア下部に設定してみました。トップページ、記事ページ、アーカイブページなどに表示されることになります。


ウィジェットでの設定方法



DigiPressテーマ『MAGJAM』のメインコンテンツエリア下部にレクタングル広告を2つ並べてみた

DigiPressテーマ『MAGJAM』のウィジェットには、DigiPress専用のカスタムテキストウィジェットがあり、任意のテキストやHTMLコンテンツをウィジェットとして表示することができます。

上の画像は、DP-カスタムテキストをメインコンテンツエリア下部にドラッグ&ドロップした状態です。

レクタングル広告を2つ並べるソースコードを設定



まず、タイトルに「スポンサーリンク」など、“これは広告です”とウィジェットのタイトルを入れることができます。しかし、実際に試してみたところ、文字サイズが大きくてイマイチだったので、レクタングル広告の上部に表示されるように設定しました。

レクタングル広告を2つ並べるソースコードは以下の通りです。
<table>
<tr>
<td>1個目のアドセンスタグ(左側)</td>
<td>2個目のアドセンスタグ(右側)</td>
</tr>
</table>



Widget Logicでウィジェットに条件分岐タグを指定



WordPressプラグイン「Widget Logic」は、PCサイトのみ/モバイルサイトのみ、トップページのみなど、表示させたい/表示させたくない条件分岐タグを指定できます。

ここでは、PCサイトのみに表示させたいので、!is_mobile_dp()としました。
逆に、モバイルサイトのみに表示させたい場合は、is_mobile_dp()を入力します。
「!」があるかないかの違いです。

これにて終了。あとは保存をクリックするだけです。

DigiPress MAGJAMテーマの詳細はこちら

WordPressのテーマをDigiPressテーマ『MAGJAM』に変更してからまだ1カ月も経っていませんが、たいして知識のない自分でも簡単な設定だけであれこれできてしまうのでたいへん助かっています。
興味のある方はぜひテーマの詳細をご覧ください。おすすめですよ。

2つのレクタングル広告の間にスペースを空けたい方は、こちらの記事をご覧ください。
Return Top